Kに色々と出会い系サイトと出会いアプリについて教えてもらってたんだけど、KはLINEもやっているらしい。
そこでLINEの出会い系アプリとして使う事について話を振ってみた。
そうしたら、案の定、出会いアプリとして使うのは効率悪いって言葉が返ってきた。
それは俺が今まで考えてきたこととちょっと違っていて、出会いの場として効率が悪いって意味らしい。
え?LINEの提供元が禁止しているから、とか、年齢確認が無くて児童買春の危険があるからじゃないの?って聞いたら、違うんだと。
出会いを目的にしている女の子は圧倒的に出会い系サイトに集まっているから、LINEユーザーをターゲットに探すのが効率が悪いという意味らしい。
もちろん、LINEはユーザー数が多いので出会いたい女の子もほかのSNSなんかよりは多い。
けれど、LINEのIDを無料掲示板とかに広く晒さないと出会えないんだよね。
もし知り合いなんかにそれが見られたら一気にバレちゃうし、悪用されたり、イタズラに使われたりする危険性も大きいと。
もちろん、LINEの提供元がそういう使い方を禁止しているというのも有るんだけど、やっぱり、知り合いにも広く教えているLINEのIDを危険な掲示板に晒さないといけないという危険性の事を考えたら、断然、出会い系サイトの出会いアプリを使うほうがイイよね。
それと、やっぱり、18歳未満のLINEユーザーが多いという事も言ってた。
児童とのエンコーはヤバいからヤメたほうがイイよ、ってね。
ただ、Kはこれも言ってた。LINEは出会い系で捕まえた女の子と親密になるには最も良いツールだって。
知り合った女の子は、メアドや電話番号より、LINEのIDを教える事には抵抗感が薄いらしい。
この習性は利用しない手は無いそうな。
やっぱ、出会いに関してはKの知識は役に立つわ。

 

定番アプリ登録無料
出会いアプリBEST5
出会いのプロに教わった出会えるアプリ